全く信じていなかった占いがまさか、、、恋が実を結びました。

昨年の10月半ば頃、新宿西口の路上占いに行きました。私は当時33歳で、仲の良い女友達1人と簡単な忘年会を兼ねた食事後でした。

33歳にもなり恋人もおらず、静岡の地元や職場の仲間が次々と結婚をしていく中、結婚に対しての意識も低く、どうしたものかなぁと思っていた矢先、一緒にいた女友達にそそのかされるように路上占いを試してみました。

占い師は50歳は裕に超えた女性でした。その方は手相のみを見て黙々と語りだしました。「あなた、もうすぐ恋人が出来るわよ。それも凄く近くにいる相手。」「あなたより年下で「高」の字がつく苗字の女の人。」の言葉を今でもはっきり覚えています。

その時は強い印象はなく、日々の仕事でたまに占い行ったよなーくらいしか意識していませんでしたが、11月に会社で数人の飲み会があり、ふと1人の後輩のことが気になって好きになりました。

その女性の苗字が「高山」だったのです。好きになった感情が高ぶりその時は占いのことが頭にありませんでしたが、その後の私からのもうアプローチで、何と付き合うことになりました。

私にとっては約3年ぶりの彼女です。今でも仲良く付き合いを続けていますが、あの占い師の女性が言ったことがそのまま現実になり、怖ささえ感じた次第です。

全く占いを信じない人間だったので、その後も怖くて新宿には足を運んでいません。